筋力の強化と体の柔軟性を高める事が不可欠

ゴルフをしている50代以上の男性で多くの人が悩んでいるのは飛距離が出なくなってきたという事でしょう。50代になってくると加齢が進んできてしまうので筋力の低下が主な原因です。筋力が低下してしまうとスイングするフォームが悪くなってヘッドスピードが落ちてしまいます。それによってドライバーの芯でゴルフボールを強く飛ばす事が出来なくなって飛距離が出なくなっているのです。そこで重要なのは筋力の強化になってきます。
筋力の強化は主に下半身を重点的に置く事が大切です。下半身の筋肉はスイングする時に体全体を支えるので筋力が低下してしまうと体がブレてしまってしっかしとしたスイングが出来ません。そのため下半身の筋力を強化してスイングする時に体がブレないようにすると飛距離も出てくるでしょう。
下半身の強化はそれほど激しいトレーニングをする必要はありません。特に50歳以上の人であれば散歩を日課にして毎日歩くという習慣をつけておくぐらいでいいでしょう。毎日歩いていれば自然と下半身の筋力もしてきます。
筋力の強化とともに重要になってくるのは体の柔軟性です。50歳以上になると体も固まってきてしまいヘッドスピード落ちてしまう原因にもなってしまいます。そのため入浴後に毎日ストレッチをするなどして体の柔軟性を高めておくようにしましょう。体の柔軟性が高まってくるとスイングする振り幅が大きくなるのでヘッドスピードが上がってきて飛距離も伸ばす事が出来るようになります。

 

参考
力がなくても飛距離がでる人気の高反発ゴルフドライバーランキング!

更新履歴